ご存知ですか?中国輸入代行会社を利用する6つのメリット

中国輸入(仕入)代行会社ってどんな仕事をするのでしょうか。
今回は、ストックポイント(Stock Point)が提供しているサービスについて詳しくご説明します。

簡潔に言うと、中国からの輸入(仕入)をサポートしますよ、ということなんです。
わかりやすくいうと、物販ビジネスのサポートですね。
商品を仕入れて、その商品を輸入して、その商品を販売して、その商品で利益を得る。
物を販売するビジネスです。
その物販ビジネスの輸入・仕入代行として弊社をご利用いただいている企業様は全体の80%を超えています。

福田市場

一方で弊社のサービスを原材料や部品の仕入代行にご利用いただいているクライアント様もいらっしゃいます。「商品」として輸入代行を依頼されるクライアント様ばかりではありません。

例えば、建設業者様がタイルを仕入れています。
例えば、電気工事業者様が太陽光発電施設用架台を仕入れています。
例えば、製造業者様が商品加工前のマットを材料として仕入れています。

こうして、商品以外でも仕入れに活用されている例は多数あります。
物販の一部であることには違いありませんが、商品として輸入して販売していることとは少し違います。
弊社は企業様のニーズに合った商品を輸入・仕入代行いたします。

代行業者の私が言うのもなんですが、代行会社を使うメリットは多くあります。
大きなメリットを6つお伝えします。

  1. 中国との言語の問題を考える必要がありません。
    代行会社の日本人スタッフもしくは日本語が堪能な中国人スタッフが対応します。
  2. 人件費を抑えることができます。
    貿易業務には専門的な知識を求められることも少なくありません。
    代行業者に任せることで専門職の人件費を抑えることできます。
  3. 国際送金の問題を考える必要がありません。
    中国元が国際的に流通していないことを考える必要がありません。
  4. 代行会社の現地事務所を利用することができます。
    サンプルなどの小ロットの発注でも、現地事務所で商品を取りまとめることで、コスト削減が可能です。
  5. 固定費を掛ける必要がなく、事業の拡大、縮小、撤退も容易にできます。
    代行してもらう物量を調整するのみで拡大、縮小が可能な上、代行してもらう物量をなくすことで撤退となるため、非常に容易です。
    不定期のスポット対応も可能です。
  6. 代行会社の知識と経験、ノウハウをそのまま活用することができます。
    代行業者には今までに培った知識と経験、ノウハウが詰まっています。
    御社では初めて中国から輸入する商品でも、代行業者ではすでに取扱い済みの商品であるケースがほとんどです。
    代行業者が優良な仕入先を知っている場合すらあります。
    OEMやオリジナルパッケージなどでも同じことが言えます。

こうした理由があるんですね。
代行会社を通じて、中国の拠点を持ったと思えばいいでしょうか。
あまり難しく考える必要はないと思います。

杭州

代行会社を利用するメリットを見出せるとお考えの場合は、ぜひご依頼ください。
ストックポイント(Stock Point)は、お客様に最大限メリットを見出していただける輸入・仕入代行ができるよう、日々努力しております。

当ブログでは料金体系などは記載いたしませんので、中国輸入(仕入)代行の依頼をご検討のクライアント様はストックポイント(Stock Point)HPよりご確認くださいませ。

2017年3月10日 金曜日 7:00 AM