物流を理解することがなぜ中国輸入において必要なのか?

中国輸入代行会社のストックポイントです。
前回に引き続き、今回も物流の理解をすることの重要性についてお話したいと思います。

 

無在庫販売について書くことが多くなりましたね。
色々考察していこうかと思っています。

 

先日は物流についてお話ししました。

 

ちょっと退屈な話しではありますが、
物流を理解せずに中国輸入で儲けるのは至難の業ではないかと。

 

まあほぼ運に頼るということになるのかな(笑)

 

ストックポイントのパートナーさんはそんなことないのですが、
やはり国際物流を理解していない方は多くいらっしゃいます。

 

全く理解していないわけではありませんが、
細かい部分を理解していなかったり、理解が乏しかったり・・・

 

完全に理解していないまま進めてしまっているので、
予想外のミスが起きてしまうこともしばしばありました。

 

単純に物流を理解しないと儲かりませんよ
ということです。

 

物流の話が無在庫販売で出てきていますが、
これは有在庫販売も同じです。

 

無在庫にしても有在庫にしても、輸入販売には変わりありません。
どちらも物流はしっかりと理解しておくべき事柄に違いありません。

 

分からないところは分かるまで確認することをオススメします。

 

物流の仕組みは決して難しくありません。

 

物流をしっかりと理解することで、
適切な販売価格を設定できたり、
正しい利益率を知ることができます。

 

言い返すと、物流をしっかりと理解していないことで、
適切な販売価格を設定できなかったり、
正しい利益率を知ることができません。

 

これでは全く意味がありませんので、
物流を理解しましょう、という結論になるわけです。

中国輸入代行

物流の理解は1日あれば十分です。

 

多くの時間を掛ける必要はありませんし、
多くの時間を掛ける意味もありません。
物流は理解も大切ですが、
使いこなして初めて価値が生まれるのではないかと思っています。

 

ですので、あとは使いながら覚える程度でいいと考えています。

 

無在庫販売でも有在庫販売でも言えることですが、
大きなポイントはやはり販売にあります。

 

「販売力」ということに尽きると思うのです。

 

どれだけ良い商品でも販売できなければ、
それは良い商品とは呼べないと思っています。

 

その商品が良い商品かということは、
販売者のステージやスキルも大きく関わってくるということです。

 

もちろん純粋に商品として良いモノだということが前提です(笑)

 

販売力がなくても販売数が伸びる
素晴らしい商品も世の中には存在します。

 

極々稀にそのような商品も存在しますが、
そんな夢のような商品を追い掛けるより、
皆現実的な選択を行います。

 

自分の得意なカテゴリで、
自分が望む販売数を達成できる可能性があって、
競合に勝てる可能性があって、
みたいな商品を狙っていくわけです。

 

しかし結果は多くの人が知っているはずです。
自分が今までどのような結果になっているかは
よく理解されているはずですので。

 

売り残すという経験をしたことがない販売者は
いらっしゃらないのではないでしょうか。

 

多くのバイヤーが売れると思って仕入れる商品が
売れないことは日常茶飯事です。

 

ではなぜ売れると思って仕入れる商品が売れないのでしょうか。
そこに問題である販売力が関係してきます。

 

しかし、
単純に販売力がないので無在庫販売であれば大丈夫
という考えは、少し短絡的ではないかと思っています。

 

販売力がないから
無在庫販売でリスクヘッジをして
販売していこうという考え方もあるかと思います。

 

ぜひ切り分けて考えてほしいのです。

 

販売力がないので、販売力を付けるにはどうすればいいのか。
という問題と、
無在庫販売でリスクヘッジする
ということを。

 

販売力がないから無在庫販売を行うということではなく、
無在庫販売を行うための販売力をアップさせるためにはどうすればいいのか。

 

という形で、考えていただければと思っています。

2019年9月19日 木曜日 8:00 AM