メルマガ登録はこちら!

中国輸入ビジネスに関する旬な情報を
定期的にお届けします!

 
無在庫転売(販売)をご検討の方
ストックポイントの無在庫転売(販売)とは
ストックポイントの無在庫転売(販売)の流れ

一般的な無在庫転売(販売)は、商品販売後に国内外のECサイトから商品を買い付けて発送するのに対し、ストックポイントが提供する無在庫転売(販売)は、エンドユーザーから注文後、パートナー様を代行して直接中国のメーカーに買い付けします。仕入先から弊社中国事務所へ納品された後、即日エンドユーザーへ発送処理まで行うサービスです。
※ただし、週明けや連休明けなど発送荷物が集中する場合は発送日を調整することもございます。

そのため、一般的な無在庫転売(販売)のように、商品販売後に実際に商品を買い付けることができずに発注自体を断念、ということがありません。

無在庫転売(販売)で商品を発送する場合、配送会社は主に佐川グローバル日本ポストを利用します。(バッテリーを含む商品の場合はLDXを利用します)
各社、発送にあたり条件が異なりますので、無在庫転売(販売)をご検討されている方は、販売商品選定などにご参考ください。

①ご注文前に
【仕入先リサーチ】

販売する商品の仕入先が見つからない、以前仕入れた仕入先が在庫切れ、など仕入先リサーチ代行が必要な場合は、SPにご相談ください。(リサーチ代金:3元/ASINで期間限定対応中!)

【発送できない商品】

発送できない商品は下図のとおりです。販売商品選定の際にご注意ください。

無在庫転売(販売)で発送できない商品

発送できない商品であることが事前確認できれば、お客様に連絡いたします。事前確認できずに日本側が受け入れできない商品を発送してしまった場合、弊社では責任を負いかねますこと、あらかじめご了承ください。
商品ご発注前に、日本側でも輸入可能かどうかお調べください。
商品発送に関してご不明点がありましたら、事前にお問い合わせください。

②ご注文後~発送前
【検品】

無在庫転売(販売)で発送する商品の検品は、特に指示をいただかない場合、入庫時の基本検品パック(パッケージ開封・目視検品)として無料検品いたしますが、無料で対応できる範囲の検品となりますこと、ご了承ください。基本検品パックを保証付きでご希望の場合は有料(2元/個)で対応させていただきます。

不良品があった場合、SPの担当スタッフより連絡させていただきますが、発送した商品が日本に到着後不良となった場合、基本的に弊社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。(弊社対応不手際によるケースは除く)

【安心の保証】

検品は倉庫スタッフが手作業で丁寧に行っておりますが、万が一見落としや発送ミスなどがあった場合は、返金させていただきます。

有料検品項目の見落とし:商品代全額(最大50元)
商品発送漏れ(中国に商品が残っている場合):SPが全額送料負担で発送
誤発送(誤住所):全額保証(最大200元)、または、新しい商品を同条件・SP全額負担で発送(最大200元)
ただし、補償対象外となるケースもごさいますので、あらかじめご承知おきください。
詳細は、ストックポイント検品規約をご確認ください。
※2020/12/1ご発注分より適用とさせていただきます。

【追加発注時の作業手数料について(不良品の場合)】

1回目に発注した商品に不備があり、交換、再発注になった場合、検品以外の対応にも多くの作業が伴うため、下記のとおり追加料金を徴収させていただきます。

検品手数料:2回目、3回目ともに1回目と同額
代行手数料:2回目は無料、3回目は半額(5元)

③発送後について
【発送後の住所変更】

お客様より住所変更の連絡をいただき次第、配送会社に指示いたしますが、タイミングによっては住所変更できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

【発送商品の税金】
無在庫転売(販売)発送商品の税金
【通関会社への商品の返送】

基本的に商品を配達できなかった場合、配送会社より連絡が入りますが、まれに、荷物の保管時間を1週間過ぎてから通知がくるケースもございます。このような場合、通関会社への返送費用が発生することもございますので、あらかじめご了承ください。

【各商品の配送料金について】

SPが発送した荷物は当日中にSPシステムの輸送明細よりご確認いただけます。

弊社ではすべての荷物は重量で算出いたします(体積が大きい商品はサイズを測って証明としてデータ保管)。配送会社が体積で算出していた場合は、配送会社の請求書と弊社が保管したデータと比較し、差額がある場合はデポジットより差額を引き落とさせていただきます。

配送会社比較

無在庫転売(販売)で利用する配送会社は、日本ポスト、佐川グローバル、LDXの3社となります。
3社の特長をご参考ください。

【特長比較】
無在庫転売(販売)配達会社各社のメリット・デメリット
【条件比較】
無在庫転売(販売)配達会社各社の条件比較

その他特記事項
【コピー商品に対する罰金】

万が一コピー商品として通関で罰金を科せられる場合、通関業者より輸入者に連絡がいき、罰金を請求されます。輸入者が非協力的な場合は、中国国内運送会社は弊社に罰金を請求します。その場合、請求額をデポジットより引き落としさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

【SPからの発送手配】

SPから発送する荷物は、納品された順に順次発送手配しております。土日休業のため、月曜日にSPに納品される荷物には土日に届いた商品も含まれます。そのため、週明けは月曜日に届いた荷物を優先的に発送手配させていただきます(火曜日にずれ込む場合もございます)。また、祝日明けも納品される荷物が通常より多いため、同様に当日発送できないこともございますので、あらかじめご了承ください。

【配達できなった商品の対応】

宛所不明などにより配達できなかった商品が返された場合、安価な商品は破棄もご検討ください。通関倉庫への返送や転送には費用がかかりますが、破棄には費用はかかりませんので最終的なコストにより対応をご判断ください。※各社条件が異なりますので詳細は国際運送料金をご確認ください。

【アパレル商品のサイズ検品】

サイズの表記のあるアパレル商品について、SPではサイズ確認はいたしません。ただし、サイズ表記がなかった場合は、おおよその範囲で計測します。

【お届け先住所】

お届け先住所は基本的に郵便番号をもとに配達いたします。郵便番号と記載住所が異なる場合は、郵便番号の住所を優先して配達いたしますので、郵便番号と記載住所が合致しているか、事前にご確認お願いします。

【発注について】

発注は、仕入先の販売個数に合致した個数で1発注となります。例えばコスプレ商品など、ウィッグやブーツなどを別々の仕入先から各商品を手配して一つのセット商品として販売する場合は、SPシステム上でもあらかじめセット登録してから発注お願いします。

無在庫転売(販売)は、初期投資&在庫を抱えるリスクがなく始められる物販ビジネスです。

月会費&代行手数料が初月無料のトライアル会員もご用意しておりますので、まずは弊社の無在庫転売(販売)をご体験ください!