メルマガ登録はこちら!

中国輸入ビジネスに関する旬な情報を
定期的にお届けします!

 
中国(義烏)→  日本  国際運送料金
  • 日本専線
  • OCS
  • EMS
  • 日本ポスト
  • 佐川グローバル
  • LDX
  • 船便(5種)

日本専線    配達日数  4~7日

全パートナー様
KG/回 11~20 21~50 51~100 101~300 301~500 501~
元/KG 23 21 19 17 16.5 15.5

【日本専線  注意事項】

バッテリーや液体、粉末など商品は航空搭載不可
中国側通関費用:5元/箱
日本側通関費用:あり(金額により変動)
その他費用:あり
※料金に燃油サーチャージは含まれております。
体積重量計算方法:縦(cm) × 横(cm) × 高さ(cm) ÷ 6,000(端数は切上げ)
※実重量と上記計算解を重量換算した値を比較し、重い方を採用する方法です。
SPからのFBA納品:可
※2018年10月より梱包資材料金として、16元/箱を発送時に加算させていただきます。
輸送日数:4~7日
インボイスの商品数が多い場合には別途費用が掛かる場合があることに注意が必要。
また、税関検査に引っ掛かると通関までに要する時間を他社よりも長めに見ておく必要があることも注意点です。
梱包サイズ一辺100cm以上は追加料金がかかりますので、事前にお問い合わせください。
北海道と沖縄県への発送は別途料金がかかりますので、事前にお問い合わせください。

【その他】

発送料金は、段ボール込の価格です。
合計重量での運賃計算が可能です。

OCS国際エクスプレスサービス    配達日数  3~5日

全パートナー様
KG/回 1~20 21~50 51~100 101~300 301~500
元/KG 下記表参照 21 20 19 18

1~20kg/回詳細
KG/回 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
元/KG 95 64 54 49 46 44 42.6 41.5 40.7 40
送料(元) 95 128 162 196 230 264 298 332 366 400

KG/回 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
元/KG 39.5 39 38.6 38.3 38 37.8 37.5 37.3 37.2 37
送料(元) 434 468 502 536 570 604 638 672 706 740

【OCS国際エクスプレスサービス  注意事項】

バッテリーや液体、粉末など商品は航空搭載不可
※ソーラーランプのバッテリーは発送可
中国側通関費用:5元/箱
日本側通関費用:756円/回(荷物受取時、運送会社に支払い)
その他費用:あり(金額により変動)
※料金に燃油サーチャージは含まれております。
体積重量計算方法:縦(cm) × 横(cm) × 高さ(cm) ÷ 8,000(端数は切上げ)
※実重量と上記計算解を重量換算した値を比較し、重い方を採用する方法です。
SPからのFBA納品:可
※2018年10月より梱包資材料金として、16元/箱を発送時に加算させていただきます。
輸送日数:3~5日

【OCS国際エクスプレスサービスを利用するメリット】

100kg/回以上の荷物の発送に利用することで、コストダウンを図れます。
また輸送スピードも申し分なく、バランスの取れた輸送方法です。
ANAグループのため、サポート体制も万全です。
東京都13区(渋谷区、墨田区、台東区、中央区、千代田区、港区、目黒区、新宿区、等)と大阪9区(中央区、天王寺区、浪速区、西区、北区、福島区、等)は、本日発送、明後日届く!

【その他】

発送料金は、段ボール込の価格です。
合計重量での運賃計算が可能です。
■  OCS  HP:    http://www.ocs.co.jp/

EMS    配達日数  3~7日

全パートナー様
KG/回 1~10 11~15 16~30
元/KG 下記表参照 25 22

1~10kg/回詳細
KG/回 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
元/KG 80 52.5 43.3 38.8 36 34.2 32.9 31.9 31.1 30.5
送料(元) 80 105 130 155 180 205 230 255 280 305

【EMS  注意事項】

バッテリーや液体、粉末など商品は航空搭載不可
中国側通関費用:5元/箱
日本側通関費用:200円/箱(荷物受取時、運送会社に支払い)
その他費用:なし
※料金に燃油サーチャージは含まれております。
体積重量計算方法:縦(cm) × 横(cm) × 高さ(cm) ÷ 8,000(端数は切上げ)
※実重量と上記計算解を重量換算した値を比較し、重い方を採用する方法です。
SPからのFBA納品:不可
輸送日数:3~7日
インボイス金額が20万円を超える荷物に関しては別途7,000円が掛かるところにも注意が必要です。

【EMSを利用するメリット】

言わずと知れた日本郵政のEMSです。
16~21kg/箱の荷物で輸送コストの削減を図れます。

【その他】

1箱につき30kg以上は発送できませんので、あらかじめご了承ください。
合計重量での運賃計算が可能です。
発送料金は、段ボール込の価格です。
■EMS配達状況の確認(JP):    https://www.post.japanpost.jp/int/ems/delivery/

日本ポスト    配達日数  4~7日

全パートナー様:100~1000g/個詳細
g/個 100 200 300 400 500 600 700 800 900 1,000
送料(元) 32 35 38 41 44 47 50 53 56 59

【日本ポスト  注意事項】

液体、粉末、医療品、食品、食品衛生法の定める「器具」に該当する商品(食器、調理器具、キッチン家電等)、CD、資料、コピー商品(デザインをコピーした商品含む)、磁石、バッテリー、などは発送不可
発送可能商品:サイズ…3×25×31cm以内、重量…1kg以内
日本側通関費用:なし
その他費用:なし
※料金に燃油サーチャージは含まれております。
SPからのFBA納品:不可
輸送日数:4~7日

【日本ポストを利用するメリット】

900gまでの軽量商品なら佐川グローバルより最大13元お得!無在庫販売に最適です。
ウィッグ、ケーブル関連、アパレル、アクセサリー、小物など、体積が小さく軽量な商品の発送に最適です。
北海道や沖縄県など遠隔地への配達手数料が一切なく、全国一律料金で発送可能。

【運送料以外のコストについて】

キャンセル対応時、運送料以外でかかる費用は以下のとおりです。
あらかじめご承知おきください。
- 通関倉庫に戻さず転送:360円
- 通関倉庫に返送後転送:360円
- 破棄と通関倉庫への返送料金:なし

【補償について】

運送料の2倍(国際運送料含まない)、または、商品代金で低い金額を補償します。
【例】商品代金36元、運送料41元の荷物を紛失した場合
- 2倍の運送料:41×2=82元
- 商品代金:36元
となるので、36元が補償額となります。
※商品代金が100元だった場合は、82元(2倍の運送料)を賠償

【その他】

SPからの集荷日翌日に追跡番号が発行され、追跡が可能となります。
■  日本郵便HP  追跡サービス:    https://trackings.post.japanpost.jp/services/srv/search/

佐川グローバル    配達日数  4~5日

全パートナー様:0.5~10kg/回詳細
KG/回 0.5 1 1.5 2 2.5 3 3.5 4 4.5 5
元/KG 90 59 49 44 40 38 37 36 35 34
送料(元) 45 59 73 87 101 115 129 143 157 171

KG/回 5.5 6 6.5 7 7.5 8 8.5 9 9.5 10
元/KG 34 33 33 32 32 32 32 31 31 31
送料(元) 185 199 213 227 241 255 269 283 297 311

【佐川グローバル  注意事項】

バッテリーや液体、粉末など商品は航空搭載不可
日本側通関費用:なし(98%なし)
その他費用:なし
※料金に燃油サーチャージは含まれております。
体積重量計算方法:縦(cm) × 横(cm) × 高さ(cm) ÷ 6,000(端数は切上げ)
※実重量と上記計算解を重量換算した値を比較し、重い方を採用する方法です。
◆ご注意◆
弊社では出庫時、体積が大きい商品であっても実重量で計算します。運送会社でもほとんどの場合、実重量で計算しますが、万が一体積をもとに計算された場合は追加運送料が発生することもありますので、あらかじめご了承ください。
SPからのFBA納品:不可
輸送日数:4~5日

【佐川グローバルを利用するメリット】

日本大手物流会社で日本到着後も自社配送。
輸送スピードも業界トップクラス実現。
「10kg/回、かつ、体積3辺160cm以下」で急ぎの荷物を輸送することに優れているので、サンプル品や無在庫販売など少量の商品発送に最適です。

【運送料以外のコストについて】

キャンセル対応時、運送料以外でかかる費用は以下のとおりです。
あらかじめご承知おきください。
通関倉庫に戻さず転送:1,620円
通関倉庫に返送後転送:通関倉庫への返送料金1,080円+関東以内へ転送540円
または関東以外へ転送1,080円
破棄:通関倉庫への返送料金1,080円
(通関倉庫に返送後、商品が不要であれば無料で処理します)

【補償について】

運送料の2倍の額を補償します。

【その他】

発送料金は、段ボール込の価格です。
発送時に佐川急便の荷物番号(12桁)が確定します。日本での通関後に佐川急便(飛脚宅配便)の送り状が貼付され、追跡が可能になります。
沖縄県への発送は、上記価格にプラス50元/回かかります(2019/08/06まで)。2019/08/06より料金値上げのため、沖縄県宛の発送商品がありましたら、事前にお問い合わせください。

LDX    配達日数  4~9日

<バッテリー、磁石などを含む商品を発送する場合>

全パートナー様
KG/回 1~10 11~30 31~50 51~100 101~300 301~500
元/KG 下記表参照 31 27 26 24 22.5

1~10kg/回詳細
KG/回 0.5 1 1.5 2 2.5 3 3.5 4 4.5 5
元/KG 140 88 71 62 57 53 51 49 48 46
送料(元) 70 88 106 124 142 160 178 196 214 232

KG/回 5.5 6 6.5 7 7.5 8 8.5 9 9.5 10
元/KG 45 45 44 43 43 43 42 42 41 41
送料(元) 250 268 286 304 322 340 358 376 394 412

<純バッテリー、純磁石などを発送する場合>

全パートナー様(ご参考料金)
KG/回 ~10 11~30 31~50 51~100 101~
元/KG 200+40 38 32 31 30

【LDX  注意事項】

純バッテリー、純磁石などの商品は事前にお問い合わせください。料金は商品によっても異なります。上表は参考料金となりますので、あらかじめご了承ください。
北海道への発送は、上記価格に10kg以下はプラス20元/回、11kg以降はプラス2元/kgかかります。
沖縄県への発送は、上記価格に10kg以下はプラス200元/回、11kg以降はプラス10元/kgかかります。
コピー商品(デザインをコピーした商品含む)は発送できません。
検閲でコピー商品と判断された場合は、すべての罰金が科せられますので、ご注意ください
梱包サイズ一辺100cm以上は追加料金がかかりますので、事前にお問い合わせください。
中国側通関費用:5元/箱
日本側通関費用:未定
その他費用:あり
※料金に燃油サーチャージは含まれております。
体積重量計算方法:縦(cm) × 横(cm) × 高さ(cm) ÷ 6,000(端数は切上げ)
※実重量と上記計算解を重量換算した値を比較し、重い方を採用する方法です。
SPからのFBA納品:可
※2018年10月より梱包資材料金として、16元/箱を発送時に加算させていただきます。
輸送日数:4~9日

【LDXを利用するメリット】

バッテリー、磁石などを含む商品を発送することができます。

【運送料以外のコストについて】

転送:200元
破棄:200元

【補償について】

運送料の2倍の額を補償します。
■  LDX  HP:    http://www.ldxpress.co.jp/

■  船便重量制(旧船便C)    配達日数  7~10日

全パートナー様
KG/回 50~100 101~300 301~500 501~1,000 1,001~2,000 2,000~
元/KG 14 13 12 11 10 9.5
商品検査資料作成費用* 800元

  *必要に応じてかかる費用

【船便重量制  注意事項】

中国出港時の商品検査資料は、木製商品のみ必要となります。
(外箱含め商品の一部でも木製の場合は必要となりますのでご注意ください)
体積重量計算方法:重量制
【例】1CBMで重量205kgの場合
1CBM=200kgですが重量205kgなので、205kg分の運送料がかかります。
※ただし、1CBMあたり実重量200kg以下の場合は、1CBM=200kgとして計算されます。
SPからのFBA納品:可
※2018年10月より梱包資材料金として、16元/箱を発送時に加算させていただきます。
(FBA納品以外は、10元/箱)
輸送日数:7~10日
納品住所は1箇所までとなりますので、ご注意ください。
ダンボールサイズ:3辺合計150cm以内、、1箱30kg以内
※上記以上のサイズと重量は要別途料金、追加日数あり
宛地が北海道・沖縄:3,000円追加料金/箱。追加日数あり
以下商品は発送できませんので、ご注意ください。
ブランド商品、コピー商品(デザインをコピーした商品含む)、材木、武器、マッサージ関連商品、など

【船便重量制を利用するメリット】

毎週2回(火曜日、土曜日)出港。
火曜日出港→翌月曜日までに、土曜日出港→翌金曜日までに配達いたします。
※集荷は、出港の3営業日前までにいたします。(通常は水曜日および金曜日集荷)
定期フェリーを活用しているので、運送料を格安に抑えられ、しかも速く到着します。
電池、磁石、液体物も輸送できます。
※ただし、液体物は化学成分表が必須となります。


■  FBA納品体積制(旧船便B)    配達日数  12~15日

全パートナー様
CBM/回 1~5 6~10 11~
元/CBM 1,500 1,400 1,200

※鳥栖(HSG1)へ発送の場合は400元/CBM追加

【FBA納品体積制  注意事項】

1箱に同梱できる商品は2種類までとなります。
中国出港時の商品検査資料は、木製商品のみ必要となります。
(外箱含め商品の一部でも木製の場合は必要となりますのでご注意ください)
体積重量計算方法:重量制
【例】1CBMで重量310kgの場合
1CBM=300kgですが重量310kgなので、1.5CBM分の運送料がかかります。
※1CBMに満たない場合は1CBMとし、1CBM以上は0.5CBM単位で計算されます。
SPからのFBA納品:可
※2018年10月より梱包資材料金として、16元/箱を発送時に加算させていただきます。
輸送日数:出港後12~15日
※毎週3回出港(火、金、日)。集荷はそれぞれの出港日4日前となります(金、月、水)。出港日の貨物積載量が制限を超えた場合は、次回の船便に載せる可能性もありますので、あらかじめご注意ください。
以下商品は発送できませんので、ご注意ください。
ブランド商品、コピー商品(デザインをコピーした商品含む)、材木、武器、マッサージ関連商品、など

【FBA納品体積制を利用するメリット】

日中間輸送を専門に取り扱っているため対応はスムーズ。
船便のため航空搭載不可のバッテリーなどの輸送にも対応しています。
通常の船便とは異なり、インボイスの商品数に関わらずDoor to Doorでの料金が事前に知ることができます。
10CBM/回以下の荷物の輸送に適しています。
ドライコンテナのみの取り扱いとなります。


■  EMS船便(旧船便A)    配達日数  20~30日

全パートナー様
KG/回 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
元/KG 117 66 49 40.5 35.4 32 29.6 27.8 26.3 25.2
送料(元) 117 132 147 162 177 192 207 222 237 252

KG/回 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
元/KG 24.3 23.5 22.8 22.3 21.8 21.4 21 20.7 20.4 20.1
送料(元) 267 282 297 312 327 342 357 372 387 402

KG/回 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
元/KG 19.9 19.6 19.4 19.3 19.1 18.9 18.8 18.6 18.5 18.4
送料(元) 417 432 447 462 477 492 507 522 537 552

【EMS船便  注意事項】

中国側通関費用:12元/箱
日本側通関費用:200円/箱(荷物受取時、運送会社に支払い)
その他費用:なし
体積重量計算方法:縦(cm) × 横(cm) × 高さ(cm) ÷ 8,000(端数は切上げ)
※実重量と上記計算解を重量換算した値を比較し、重い方を採用する方法です。
SPからのFBA納品:不可
輸送日数:20~30日
通常の船便とは異なり、全て1箱単位の重量で料金を計算します。
インボイス金額が20万円を超える荷物に関しては別途7,000円が掛かるところにも注意が必要です。
1箱につき30kg以上は発送できませんので、あらかじめご了承ください。

【EMS船便を利用するメリット】

言わずと知れた日本郵政のEMSです。
航空搭載不可のバッテリーなどが輸送できることは大きなメリットです。


■  船便体積制(旧船便E)    配達日数  8~14日

全パートナー様
CBM 最初の1CBM 追加1CBM
送料(元) 2,700 1,180
商品検査資料作成費用(元)* 800

  *必要に応じてかかる費用

【船便体積制  注意事項】

中国側通関費用:12元/箱
日本側通関費用:なし
その他費用:なし
中国出港時の商品検査資料は、木製商品のみ必要となります。
(外箱含め商品の一部でも木製の場合は必要となりますのでご注意ください)
体積重量計算方法:長さ × 幅 × 高さ(m)
※実重量と上記計算解を重量換算した値を比較し、重い方を採用する方法です。
SPからのFBA納品:可
※2018年10月より梱包資材料金として、16元/箱を発送時に加算させていただきます。
輸送日数:8~14日
3CBM以上、大阪港のみで受け入れ可能となりますので、あらかじめご了承ください。
(3CBM以下でも他のパートナー様との混載にて3CBMになるようでしたら受入可能な場合がありますので事前にお問い合わせください。)
(大阪港以外は別途料金が掛かりますので事前にお問い合わせください。)

【船便体積制を利用するメリット】

毎週3回(火曜日、金曜日、日曜日)出港。
※集荷は、出港の4営業日前までにいたします。
船便のため航空搭載不可のバッテリーなどの輸送にも対応しています。
通常の船便とは異なり、インボイスの商品数に関わらずDoor to Doorでの料金が事前に知ることができます。
10CBM/回以下の荷物の輸送に適しています。
ドライコンテナのみの取り扱いとなります。


■  船便フルコンテナ(旧船便D)    配達日数  8~14日

    フルコンテナをご希望の際は、ご相談ください。

【船便フルコンテナ  注意事項】

中国側通関費用:12元/箱
日本側通関費用:あり
その他費用(日本側):あり
中国側の倉庫費用:600元/週(週単位のみ)
中国出港時の商品検査資料は、木製商品のみ必要となります。
(外箱含め商品の一部でも木製の場合は必要となりますのでご注意ください)
日本側の費用は実費を負担していただきます。(関税、消費税除いて10~20万程度)
日本側の通関をご依頼の場合は、別途ご相談ください。
体積重量計算方法:なし
(コンテナごとに積み放題ですが、空きスペースがあっても割引はございません。)
SPからのFBA納品:可
※2018年10月より梱包資材料金として、16元/箱を発送時に加算させていただきます。
輸送日数:8~14日

【船便フルコンテナを利用するメリット】

運送料を格安に抑えられ、しかも速く到着します。
毎週3回(火曜日、金曜日、日曜日)出港。
※集荷は、出港の3営業日前までにいたします。
電池、磁石、液体物などなんでも輸送できます。
ただし、許可申請が必要な商品については、書類を別途ご用意ください。