メルマガ登録はこちら!

中国輸入ビジネスに関する旬な情報を
定期的にお届けします!

 
FBA納品代行について

日々進化するECモールの巨大企業Amazonに特化したFBA納品代行サービスを行っております。

ECモールでは世界最大の巨大企業に成長したAmazonではFBAでの販売を特に優遇しています。FBA納品することにより、Amazon販売では数多くのメリットを享受することができます。自社の販売戦略にぜひ取り入れてください。

中国輸入(仕入)を代行しているストックポイント(Stock Point)では、Amazon.co.jpフルフィルメント倉庫(FBA)に現地中国からの直送納品と日本倉庫(SP大阪)からの納品が可能です。

日本⇒FBA納品
メリット 関税等の諸費用も日本倉庫が立替払いしますので、面倒な都度払いはありません。日本で一度開封確認を行うため、パッケージ破損、商品破損があっても、FBA納品前に発見、対応することが可能です。
日本倉庫到着後のFBA納品は丁寧且つ迅速に行いますので、販売機会ロスを必要最小限に抑えることができます。また発送代行サービスを併用することで、同じ日本倉庫への同梱が可能となりますので、日本までの輸送コスト削減が可能です。
デメリット 日本倉庫からFBA倉庫までの輸送料金が掛かります。
中国からの直送FBA納品と比較すると、仕入からFBA納品までの期間が最短でも2日伸びることとなります。
中国⇒FBA納品
メリット 中国からのFBA納品では、FBA納品までの日数の短縮により販売機会ロスを軽減することができます。中国からの輸入(仕入)~販売までの期間を短縮することにより資金回収効率を上げることができます。また、国内(日本)送料をカットできるため、FBA納品コストを削減することが可能です。物流コストの削減は、そのまま利益となるので大きなメリットとなります。
デメリット コンテナ混載便では、特にパッケージ破損や商品破損のリスクが高まります。航空便でも同様のリスクはありますが、コンテナ混載便よりは破損リスクは軽減できます。 ストックポイント(Stock Point)でも、破損リスクをゼロにできるよう工夫していますが、上に載る荷物が重量物の場合にはどうしても完全に回避できないのが実情です。 コンテナ混載便にせずにコンテナチャーター便にすることで、破損を防ぐことは可能ですが、それだけ輸送量が必要になります。FBAにて受け入れ拒否となった場合には、アカウント登録住所に着払いでの返送となるので注意が必要です。

どちらにもメリット、デメリットが混在します。
自社の販売戦略を再考の上、ご利用を含めてご検討ください。